上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
あぶく銭が手に入ったので今日は焼肉でも食おうかな。ついでに一月ぶりにCDも買えそうだ。ワイワイ!!

Angel Corpse / Exterminate (1998)
angelcorpse2nd.jpeg

US産ブラッキンデスメタル2nd。荒々しい演奏と猪突猛進のドラムが一体となって聞き手に襲い掛かるザ・暴走メタル。ギターはデスメタルっぽいリフだが、適度に荒い音作りとなっておりrowブラックの臭いもほのかに感じられる。Morbid Angelのような流麗なソロも随所に施してあり、これがまたいいアクセント。猟奇的なスローパートなどもありけりでArkhon InfaustusやらBelphegorのようなブルータルなデス・ブラックがドツボな私には終止しびれまくりでした。
スポンサーサイト
03/19|Death Metal / Thrash Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
いやはや、なんとも忙しい数日であった。こっちに書くのは一週間ぶりくらいであろうか。なにはともあれ、一段落。まだ忙しいことには変わりないが。

Beatrìk / Journey Through The End Of Life (2002)
beatrik1st.jpeg

イタリア産儚げブラックの1st。ジャケは暗黒ブラック臭が滲み出ているが、中身はというとなかなかメロディアスな作品。適度にメロい疾走パートからモノ哀しいスローパートへの落とし方は見事である。プロダクションはそれなりに良好で、鬱系にありがちなプリップリのジャリッジャリバッキングではなく、はっきりと聞き取れるフレーズを鳴らしている。そしてその上に乗るメランコリックなギター、アルペジオが非常にいい感じ。同郷のForgotten tombと近からず遠からずといった印象を受けた。
03/18|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Disectionが最近のヘビロテ。そして論文提出まであと6日。


Nocternity / Onyx (2003)
Nocternity2nd.jpeg

ギリシャ産メロウブラックの2nd。トレモロやアルペジオを軸に構成された楽曲からは、儚さと荘厳さがいい具合で感じられ鬱ブラ好きからメロブラ好きまで幅広くオヌヌヌできる一品。ジャリジャリしたバッキングにエコーの効いた絶叫ボーカルとBurzumの影響を強く感じられるが、ブラストも適度に用いておりフォロワーとは一味違う独特の個性を出している。疾走パートでは2バスもドカドカ踏みまくってます。あとややペイガンっぽい一面も。ジャケもそんな感じだし。なにはともあれステキな一枚。

03/09|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今夜も徹夜コース。ホゲー!!


wyrd / Vargtimmen Pt.1 (2003)
wyrd3rd.jpeg

フィンランディア、ヒーゼンブラックの3rd。荒々しさと叙情性が素晴らしく高い次元で昇華されており、最近猛烈に気に入っているバンド。とにかくメロが素晴らしい!どことなく儚いフォーク・トラッド風のフレーズをからませながらドカドカと疾走する様はスキモノにはたまらないのでは?17分におよぶ#4はその集大成ともいえる曲。アコギによるイントロを経て、重圧感ある叙情パートへとなだれ込む。各フレーズが凝った作りとなっており、長くても全く気になりません、否、たりません!もっとください!女王様!
眼下に広がる森林を眺めながらNargarothとUlverをかき混ぜて、ややプリミティブに味付けした音源!全5曲、捨て曲ナシの名盤!哀愁ブラックのIT革命や~~~。

03/07|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今日はバイト先で僕の送別会。あーめんどくせ。こっちゃ忙しいっつーのに。


Graveland / Immortal Pride (1998)
graveland9.jpeg

ポーランド産ペイガンブラックの雄、5th。イントロとアウトロ含めて4曲なので、ボーカル入りトラックは実質2曲。#2は23分で#3は16分という大作思考となっている。楽曲のほうはバイキング風味感じられる勇敢なコーラスと、スローテンポ主体の楽曲に乗るシンセがなんとも印象的。中音域強めのシャリシャリギターとねちっこいボーカルはブラックメタル特有のものだが、邪悪な要素は皆無であり、むしろ荘厳的な雰囲気が全面に出ている。Infernumから邪悪な要素を取り除いてIuvenesで味付けした感じ?女性の語りや風音などのSEも絶妙にマッチしています。
03/05|Black Metalコメント(2)トラックバック(1)TOP↑
20070304232719.jpg

金をおろしたら残高が22,222円。しかもおろした時刻が12:34。
oioioi!なかなか天文学的確率じゃね?これは何かの暗示なのだろうか。


Xasthur / To Violate The Oblivious (2004)
Xasthur.ToViolate.jpeg

US産デプレッシブブラックの4th、あいかわらずなヘイトフルな楽曲を披露。この作品は他の作品と比べると割と音がよく(つっても常人には聞くに耐えないノイズっぷりだが)、各パートの分離がとれているのでなかなか聞きやすい出来となっている。鬱ブラの入門にもってこいでは?肝心の楽曲のほうだがこれまたよい出来で、哀しく儚いXasthur節が全快。#1のイントロが終わると、負のオーラ湧き出す#2になだれ込み、そして霧に包まれた森の中を彷徨うがごとく浮遊するkeyが印象的な#3。この3曲だけでもお腹いっぱいである。なおかつ1stの再録の#8もイカス(死語)アレンジだし、そしてアルバムの最後を占める#10が素晴らしい!2nd収録曲の再録(voナシ、半音上昇ver.)だが、攻撃的かつメロウな展開がもう琴線に触れまくり。この1曲のために買っても惜しくはないっつーか捨て曲がないわ。ベタ褒めになってしまったけど、そのだけお気に入りってことでご了承ください。
余談だがこの作品が初聴であり、非常に気に入ってしまったためXasthurの音源を集めたのだが、他の作品は今ひとつグッとこなかったのであった。1stはまあ、よかったけど、他はなぁ・・・。曲が似たり寄ったりなのが残念。一つのアルバムにkeyがこれでもか!と主張してくる曲を最低2曲くらいは入れて欲しい。って、なんだ、このリクエストは。
03/04|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
論文終わるかなー不安。


Setherial / Nord... (1996)
setherial1.jpeg

スウェーデン産ファストブラックの名盤と名高い1st。Dark Funeral直系の寒々しい疾走ブラックだが、ほとばしる冷気が尋常じゃない!ここまで寒々しいのもそうそうないのでは!?Dark FuneralやEmperorの1stが好きな人にはもってこいな音源ですね。わめきまくるボーカルも非常にグッド。#1と#3は10分以上と大作になっているが、ミドルパートや冷ややかなkeyの導入など展開も凝っており飽きずに聞きとおせる。とりあえず冬に聞けば体感温度10℃減の極寒音源、凍え死ね!
03/03|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
旅行記なんて書きませんよ。あー疲れた。


Belphegor / Lucifer Incestus (2003)
belphegor.4th.jpeg

オーストリア産ブルータルブラック4th。僕の大好きな一枚。ブラスト全快のドラムに暴虐性満点のギター。デスメタル特有の猟奇性が少なからず感じられ、さらにメロいフレーズも随所に施してあってもう終止ときめきっぱなし!Angel CorpseとかArkhon Infaustusとかこの手のスタイルはドツボでありますね。ただファストでブルータルな音源は最初はいいんだけど聞いてて飽きてしまう。暴虐性の中にキラリと輝くメロいフレーズが琴線に触れるんですよ。だけどメロデスってあまり好きじゃない。ブルータル度がたりねえんだよーー。話が脱線しすぎた。まあ酔ってるから仕方ないか。
03/02|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
やる気でねえ。寝違えて首いてえ。明日は発表in山形じゃないすか。はたして無難に発表できるのやら・・・


Craft / Terror Propaganda (2002)
Terror20Propagacraft.jpeg

スウェーデン産Darkthrone直系ブラック2nd。ジャケもまんまDarkthroneだよな、これ。内容はややドカドカめのドラムに荒涼感を伴ったギターを乗せrowに突っ走るスタイル。evil感がプンプン漂うスローパートも適度に導入しており、個人的感覚ではDarkthroneの2ndと4thを足したような印象を受けた。雰囲気は非常にいいんだけど、耳を引くメロが少ないのが残念。曲のインパクトが今ひとつ欠けるんだよなー。#4なんかはかっこいいんだけども・・・。他の作品も聞いてみたいものでごわす。
03/01|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

sickllica

Author:sickllica
元ブラックメタラー。ここ最近はメタル全般から、ハードコアパンク、ドゥーム、スラッジなんかも好んで聴いております。このサイト自体はすっかり更新しなくなったけど、ふと思いつきで更新したり。最近聴いた音源やら動画なんかを貼り付けていこうかな、マイペースに、ね。

放送室
Now playing

Twitter
カテゴリー
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター

 
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。