上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
いつまで早上がりで帰れるのかなー。仕事やだやだ。もうじき梅雨だ。やだやだ。そして夏はクソ暑いのかなー。やだやだ。


Nihil Nocturne / Necrohell (2003)
NihilNocturne2nd.jpeg

オフィシャルサイトが無駄にかっこいいジャーマンプリミティブブラックの2nd。モロDarkthrone直系だが、ところどころにヒンヤリとしたシンセが導入されているっつー、この手の音源にしては珍しいアレンジも。これがなんとも印象的。#4、#5なんかはシンセが怪しさに拍車をかけており非常にGood!しかし、曲によってはリフがやや弱く、勢いに欠ける部分も。惜しいなー。あと#2と#3が同じ曲なのは(曲名は#2:Black Oath #3:Black Oath Of Sacrifice)アンダーグラウンド故のご愛嬌ってことでよろしいでしょうか?
#6からは録音時期が違うのか前半とは打って変わって勢いもメロのよさも倍増。劣悪な音質が閉鎖的な雰囲気を醸し出し(まぁ前半の曲も音は悪いんだけど、より悪くなってる)、ボーカルも気合い4割増。全部こんな感じだったらよかったのに~ぃ。シンセは使われてないけどこっちは文句ナシにかっこよいわ。とまあ、プリプリした音源が好きな方は満足できる一品なのではないでしょうか。
スポンサーサイト
05/30|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
心に適度な余裕を持つってのは大事なんだなあ。俺の場合は余裕を持ちすぎているからダメなのか。そうであってほしい。


Argar / Grim March To Black Eternity (2004)
Argar3rd.jpeg

スペイン産シンフォニックブラック3rd。ドスの利いた低音がなり声、爬虫類系のねちっこい歌い回し、そしてBurzum系の悲壮感漂う咆哮と、多彩な歌い回しが個性的なバンド。楽曲のほうはというと、シンセとスタスタドラムと高音強めのザラザラしたリフを用いて、寒々しく荘厳な世界観を作り出している。つーか・・・うん、ほぼEmperorの1stみたいなもんですね。そしてあまり類を見ないこの手のフォロワーだが、ブラックメタルとしてもかなりの高水準なのでは。各曲の構成なんかもなかなか凝っていると思う。#3はこの手の界隈にしては珍しいド派手なギターソロを披露。駄曲もなく、寒さ、邪悪さ、荘厳さの三拍子揃った高品質なブラック。こいつもまた初心者にもオヌヌヌできる一品。
05/23|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
自己啓発の意味もこめて久々に本を買った。全然読んでないけどな!
人を動かす 新装版 人を動かす 新装版
デール カーネギー、Dale Carnegie 他 (1999/10)
創元社

この商品の詳細を見る


Heresi / Psalm II - Infusco Ignis (2006)
heresi_psalmii.jpeg

スウェディッシュメロディックブラック1st。元OndskaptのSkamfer氏による一人ブラックで、2005年にPsalm IというEPをリリースしており、フルレングスとしてはこれが1stにあたる。プリ系にありがちな音の悪いドカドカドラムとは違い、粒の揃った痛快でパワフルなドラムがなんとも印象的。ブラストは少なめだが、疾走感は十分感じられる。そこにいかにもスウェディッシュなメロディアスでevilなリフ、そして憎悪の塊を吐き出さんかの低音ガナリVoが響く。リフはトレモロメインだが、時おり刻みーのアルペジオーのと、非常にフレージングセンスに長けているのでは?ブラッキンスラッシュな#4なんて最高にかっこいいぜよ!とまぁ、同郷のWatainに遠からず近からずといった作品でして、5曲28分と少々物足りないかもしれないが、クセもなく初心者からマニアまでオヌヌヌできる一枚ではないでしょーか
05/22|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
外付けHDD320GB購入。OSもソフトもデータも丸ごとバックアップできるそうなんで、調子の悪いマイPCよ、いつでも逝ってよいぞ。ついでにエロ動画も突っ込みまくるぜえええええひゃっほーう。

Odal / ...Wilde Kraft (2005)
Odal2nd.jpeg

ジャーマンメロディックブラックの2nd。Metal ArchivesではPagan Black Metalと表記されていたが、ペイガンっぽさはほとんど感じられなかった。それとも俺のペイガンブラックの認識が間違っているのか?むむぅ・・。以下感想。
ザクザクと刻んだ#1を聞いて「え、思ってたよりもスラッシー」なんて感じたワケだが、#2に入るやいなや、ブラスト&トレモロでコールド&メロディアスに疾走。音質はやや劣悪だが、むしろこんくらいで正解なのでしょうかね。ギャーギャーと叫んだりうめいたりするVoはかっこいいのだが、音量が小さいのであまり聞こえません。残念。#5はアコギによるゆったりとしたインストで、そこからスラッシーなイントロが印象的な#6へ。これがまたメロウさ爆発のステキな一曲。この曲すげえいいわ、うん。最終トラックはなぜかアコーディオン(?)を用いた民族系っぽいナンバー。この曲だけ異色、まあいいや。総評だがどことなくノルウェイジャンな雰囲気も漂い、Taakeに近からず遠からずといった印象を受けた。ノルウェー産ではないけど荒々しいギターとメロディックな展開はStanic Warmasterにも近いかな?個人的に捨て曲もなかったんで、プリプリした(プリミティブな、の意)メロブラが好きな方は聞いて損はないのではないでしょーか。
05/13|Black Metalコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
土日が嬉しすぎる。けどそのうち土曜も出勤になるんだろうなー。帰りも遅くなるんだろうなー。音楽なんて通勤時間しか聞けないし、ネットもほとんどできなくなるんだろうなー。田舎に帰りたい。これって属に言う五月病ってやつ?田舎に帰ってのんびり仕事して趣味にも時間を費やすことの出来る人がうらやましい。けど実際自分がそういう立場にいたら都会でガンガン働いて金を稼いでる人間を見て激しく劣等感を感じるのだろう。ないものねだりってやつだな。とりあえず一年は頑張ろう。つーかまともに日記を書いてしまったでわないか。

Funeral Mourning / Drown In Solitude (2006)
FuneralMorning.jpeg

オーストラリア産フューネラルドゥームの1st。ドゥームっつーことで終止ゆったりとしており、疾走するパートは一切ナシ。儚さ・哀しさを全面に押し出した楽曲が主で、そこに地の底から響き渡るような咆哮が乗る。#1ではアコギによるアルペジオを用いているが、意外と斬新なアレンジに感じた。全曲に入れてくれればもうちょっと面白いモノに仕上がったのでは?5曲収録されているが、全曲ひたすら儚げなメロのオンパレード。Elysian Blazeから荘厳な雰囲気を取り除いて鬱メロを増した感じ・・?ちょっと違うかもしれないけど、なかなか楽しめた一枚でした。それにしてもジャケがすげえかっこいい。
05/13|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
さて、ものっそい久々に更新してみよう。
音楽聞く時間が通勤時間しかないって辛い。
学生時代はよかったなあああああ。

Bekhira / L'elu Du Mal
Bekhira1st.jpeg

おフランス産、メロディックブラックの1st。1stでありながらも素晴らしいクオリティとなっている作品である。邪悪に寒々しく突っ走る構成からDissection、Naglfarあたりを彷彿させられた。音質はほどよく劣悪で、その音質が心地よい荒涼感を生み出している。時おり入るスローパートも非常によい雰囲気。次回作が非常に楽しみなバンドで御座ゐます。上記2バンド好きにはもちろん、Vlad TepesやらSatanic Warmasterなんかのメロウなプリブラが好きな方には悶絶必死ですな。
久々すぎてレビューの書き方を忘れかけているけど、まあいいか。
05/08|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

sickllica

Author:sickllica
元ブラックメタラー。ここ最近はメタル全般から、ハードコアパンク、ドゥーム、スラッジなんかも好んで聴いております。このサイト自体はすっかり更新しなくなったけど、ふと思いつきで更新したり。最近聴いた音源やら動画なんかを貼り付けていこうかな、マイペースに、ね。

放送室
Now playing

Twitter
カテゴリー
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

 
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。