上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
先日、飲み会の席で包茎の話になったんだけど、男性の包茎率ってかなり高いんですね。いや、高いのは知ってたけどさ、男4人で飲んでて3人が包茎持ち。上野クリニックのタートルネックを鼻までかぶった男性の写真もいまや市民権を得ているけど、いやはや、包茎って深刻なんだなぁ、と考えさせられましたよ。まあ私はズル剥けですがね!


さて、次の日にライブレポ書くだなんて豪語しときながら二日経過しました。いやね、二日連続で飲み会だったもんで帰宅したころには25時過ぎだったもんで。さすがに睡眠時間削ってまで書く気は起きなかったですぅ。ムゥ・・ブロガーにあるまじき行為っ!恥じるがよい!まあ、月に1回書くか書かないかなんてペースの私はブロガーのブの字も当てはまりませんよ。オホホ。


------------------------------------------------


・LEPROUS
パッと見で「レオパレス」って読んでしまったのは私のほかに10人はいるであろうと信じたいのはさておき、開演の19:00を10分ほどオーバーして会場入りするとすでにこのバンドの演奏が始まってました。小奇麗なメンバーと頭を振りまくるドレッドのkey&voが印象的。曲はときおりゴシックっぽさを感じるダークな雰囲気のヘヴィロック。編拍子多用でなかなか独特の空気が演出できていたように感じた。僕はこのバンド知らなかったし、ノッてる客も少なかったから日本での知名度は低いのかな?今後の活躍に期待。

・Ihsahn
おおお・・まさかIhsahn様を生きているうちに拝めるだなんて思ってもいなかったので始まる前から泣きそうになっていたのは内緒。とりあえずLEPROUSのステージが終わった瞬間、一切の邪念に捕われないよう便所にて尿を垂れ流す。するとだ、会場から聞こえる歓声。あれ?もしかしてもう出てきてる?(※ここでいう“出る”というのは尿ではなく、Ihsahnのことです)あわてて松茸の雫を振り払い、手も洗わず便所からダッシュ。階段を下りると、ああ!もうステージにいるじゃねえか!まさかのセットチャンジなし。まじかよ、と慌てて人並みを掻き分けてると演奏スタート。
とりあえずIhsahn真ん前に陣取り成功。生で見るIhsahn様はやはり圧倒的な貫禄でした。その貫禄はEmperorで見せた暗黒世界の王ともいうべき佇まいとはまた違い、一人のミュージシャンとしての大きな存在感がひしひしと伝わってきました。ステージは上手と下手にギター、IhsahnがGt.Voのトリプルギター編成、Keyには先ほどまでステージに上がっていたLEPROUSのVoでした。「またお前かよ!」と思ったのは僕のほかに5人はいるかと思います。Baを加えてフロントに5人という珍しい編成。そして3人の使ってるギターのネックがやけに太い・・「ほほう、7弦か。・・ん、いや・・待て、8弦だッッ!!」8弦でトリプルギターという世にも珍しい編成。それだけでインパクト十分ですが、演奏もそれに見合うべく非常にレベルの高いものでした。
セトリはあまり覚えてないけど、1stから3rdまでまんべんなく演った気がします。曲はどちらかというと、アグレッシブな展開は少なめで、聴かせる音だったと思いました。ブラックメタルっぽい疾走パートも時折見せましたが、基本ミドルパート中心。メタルのライブでスロー・ミドルばっか続くと正直退屈に感じる性分ですが、やはり北欧ブラックメタルの首領。音楽センスの塊で全く飽きさせることのないお見事なステージング。本当に“圧巻”という言葉が適切かと思います。Keyのクリーンボイスとの掛け合いもよくハマってたのではないかな。
そして何より感激したのがまさかのEmperorのカバー!!内心、始まる前から「やってくれたりしないかな~、やってくれないだろうな~。」なんて考えていたので、まさかの展開に思わず涙腺が緩む!いや、泣いてはいないけどね。曲はThus Spake The Nightspirit、もうね、始まった瞬間に僕のボルテージMAXですよ。曲の最後ではIhsahnの呼応に合わせての大合唱!・・かと思いきや、歌ってる人はそんなにいなかったかも・・。そんなこんなでもう全てに大満足。生きててよかったとすら思えました。


ihsahn


・The haunted
さてさてきましたきました。3年越しのリベンジ!ついにHauntedと対面だZEッッ!先ほどのまでのIhsahnの余韻覚めやらぬ中ですが、もうセットチェンジの時がめっさ落ち着きません。そして・・キターーーッ!待ってましたとばかりにフロアの中心にモッシュピットができる!1曲目は!・・・なんだっけ?うへぇ、覚えてないス。けどね、セトリは昔の曲から新譜まで満遍なくのプレイでした。しょっぱなから首振りまくりの回りまくりの跳ねまくりでしたよー、ほんともう。ピットもほどよい広さだったので暴れやすかったですね。
「微妙!」としか感じなかった新譜。スローテンポにクリーンボイスという流行に流されたのか年を食って丸くなったのか、初期の暴走特急のような勢いは感じられない曲面でしたが、ライブでやるとあら不思議。すげえかっこよく聞こえるんですよね。音は良い、とは言い切れませんが全体的に安定した演奏で、前作と前々作は実は未聴だったりするのですが、知らない曲でも安心して聴くことができました。欲を言うならば初期の曲をもっとやってほしかった、というのが本心ですが、キラーチューンはほどよく演ってくれましたし、ミドルテンポの曲もいい休憩になりました。(失礼・・。)
印象に残った曲は1stの“In vein”ですかねェ。1st聞いてない人多かったのか、客のノリがイマイチだったのは笑えました。なんで1st聞いてねえんだよ!あれこそ神盤だろが!そして〆のHatesong。やっぱこの曲は何度聞いても最高の曲です。拳を振り上げ「hate!」の連呼。あああ、たまらない・・。ピーターのブチ切れボーカルもこの曲のためにあると言っても過言ではないのではッ!?
年甲斐もなく3回ほどサーフしてしまいましたが、やはりライブはいいもんですねー。こないだ行ったLazarus A.D.もよかったし、短期間でいいライブを立て続けに見れて大満足の年の瀬でした。そいや、Lazarus A.D.んときに頼んでもいないのに持ち上げてくれた兄さんがきてたな。次のライブは2月のLamb of godかな?(つーか行けるのか?)
スポンサーサイト

12/09|ライブレポコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

sickllica

Author:sickllica
元ブラックメタラー。ここ最近はメタル全般から、ハードコアパンク、ドゥーム、スラッジなんかも好んで聴いております。このサイト自体はすっかり更新しなくなったけど、ふと思いつきで更新したり。最近聴いた音源やら動画なんかを貼り付けていこうかな、マイペースに、ね。

放送室
Now playing

Twitter
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

 
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。