上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
いやはや、なんとも忙しい数日であった。こっちに書くのは一週間ぶりくらいであろうか。なにはともあれ、一段落。まだ忙しいことには変わりないが。

Beatrìk / Journey Through The End Of Life (2002)
beatrik1st.jpeg

イタリア産儚げブラックの1st。ジャケは暗黒ブラック臭が滲み出ているが、中身はというとなかなかメロディアスな作品。適度にメロい疾走パートからモノ哀しいスローパートへの落とし方は見事である。プロダクションはそれなりに良好で、鬱系にありがちなプリップリのジャリッジャリバッキングではなく、はっきりと聞き取れるフレーズを鳴らしている。そしてその上に乗るメランコリックなギター、アルペジオが非常にいい感じ。同郷のForgotten tombと近からず遠からずといった印象を受けた。
スポンサーサイト

03/18|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

sickllica

Author:sickllica
元ブラックメタラー。ここ最近はメタル全般から、ハードコアパンク、ドゥーム、スラッジなんかも好んで聴いております。このサイト自体はすっかり更新しなくなったけど、ふと思いつきで更新したり。最近聴いた音源やら動画なんかを貼り付けていこうかな、マイペースに、ね。

放送室
Now playing

Twitter
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター

 
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。