上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
Trist4th.jpeg

頭に“クリ”を付けたくなるバンド名が印象的なチェコの暗鬱ブラック4th。ジャケまんまの痛々しく悲痛な楽曲。2曲収録されており、#1は23分、#2は14分と長め。つってもこの界隈じゃ珍しいことではないんだよな。
輪郭のはっきりしないワレワレな音質がテラ破滅的な一枚。安いスピーカーを音量MAXで鳴らしているかの割れっぷり。終始スローテンポで同じフレーズをひたすらに繰り返す様はギザメランコリーで、音質といい雰囲気といいHypothermiaあたりを彷彿させる。ボーカルはあまり入っておらず、時おり叫び声が聞こえるのみ。しかしながらこの叫びがなんともおぞましく、まさに“身の毛もよだつ”といったところか。上にも書いたが展開は少ないので好き嫌いが別れることであろう。間違っても初心者が興味本位で聞いてはいけないと思われる。ん~、Hypothermiaの暗鬱さを除いて哀しめのエッセンスを加えた感じか。なんとも微妙な例えだが、まあ参考までにってことで☆

余談だがアンビエントもやっており、3rdはアンビエントオンリーの作品となっている。(1st、2ndはわかんない)間違ってもこの作品から買わないように。少なくともアンビエントに興味のない方からすれば聞くに耐えない一枚。
Trist / Slunce V Snovém Kraji, Rozplývání, Echa... (2007)
Trist3rd.jpeg

ジャケはいいんだけどなあ、ジャケは。

Official
myspace
02/14|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
PaysagedHiver.jpeg

Darkspaceのメンバーによるスイス産極悪プリミティブバンドのセルフタイトルなのにデモっつー謎な音源@3曲収録。ちなみにリリースされてる作品はいずれもデモ。もしくはスプリットで、これは00年デモ音源の07年再発モノ。
さて、この作品だが前回紹介したSchattengangと同様に、極悪プリミティブサウンドにアンビエントをフューチャーした路線となっている。Darkspaceちっくな暗黒を彷彿させる世界観に加え、閉鎖的・破滅的な雰囲気が全編に渡って繰り広げられる。闇の中で凍てつく冷気を放つサウンドはまさに唯一無二。そしてバタバタと叩かれるドラムに、胸が締め付けられるような重苦しいリフがカオティックなにおいをぷんぷんとまき散らす。聞き所はアンビエントパートをはじめチェロやアコギ、シンセ、あとなんだかわからないけど流麗な音色を奏でる楽器で、これらがほどよい加減でドラマ性に拍車をかけており、カオティックながらもどこかドラマティックな雰囲気が感じられる。ドラマあり、カオスかり、伝わりずらいかと思うけど、個人的にはそう感じた。まあ言ってしまえばDarkspaceとそれほど大差はないという(各曲17,18分と大作志向なのも一緒)、なんとも濃ゆ~いブラックdeath!是非ともご賞味アレ!

Official 読みずらすぎ
Myspace
02/06|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
1/16の記事にてアーティスト名・作品名が Paysage d'Hiver / Die Festung と表記されていましたが、正しくは Paysage d'Hiver / Schattengang で御座ゐました。Die Festungはアンビエントオンリーの作品でして、僕の嘘つきレビューを信じていらぬ買い物をしてしまった方がおりましたら平謝りします。きっと2,3回聞いたら飽きると思いますが、鏡に使ったりヒモを通してカラスよけに使ったりと聞く以外にも用途は色々ありますので、有限な資源を有効に活用していってほしいと願う今日この頃です。お詫びにUG臭満載の激邪悪なプリミティブブラックを紹介。




11942c76be9d9cfe.jpeg

02/06|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
OctoberFallsEP.jpeg

ジャケがすさまじくツボだったので思わず衝動買いした品。森とか雪のジャケが好きなのは北海道育ち故になのか。予備知識なしの完璧ジャケ買いだったので、少し不安はあったがこれが大当たり。重圧感のあるギターと物哀しいアコギのコラボが魅せる哀愁一本勝負。この界隈ではもはやお決まりのスタイルだが哀愁度合はなかなかのもので、大御所のDrudkhなんかにも引けを取らないクオリティ。Drudkhにちょっと鬱ブラの要素を加えた感じといった感じといったらわかりやすいか。また、冷んやりとしたオーラもほどよく漂い、ジャケまんまの地平線の見える雪原が目に浮かぶ。自然系ブラックが好きな方なら悶絶モンなのでゎ。この荒涼感とはまた違った寒さがいいんだよなあ。なんつーか、ぬくもりのある寒さ(?)みたいな。・・・たぶん誰もわからないだろうな。
4曲22分(最終トラックはインストなので歌入りは3曲)と物足りなさを感じるかもしれないが、内容は◎を付けたくなるほどの出来栄え。2ndフルの発表が期待できますな!殿!

Official site
02/04|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
D-river2nd.jpeg

ジャパニーズデス・グラインドバンドの2nd。本人たち曰く、“武士コア”というジャンルなのだそう。アホなデスメタル見つけたと、デス研(大学時代に所属していたデスメタル研究会なる悪趣味極まりない集団)で話題になって知ったバンドである。
グラインドだけあって終始ぶっ飛ばしており、13曲28分と非常に短い。ついでに曲のタイトルもぶっ飛んでいる。(“轢き逃げ人力車”や“三筋交態”、1stには“徳川ブラスト禁止令”なんてのも)しかし、音のほうは紛れもないグラインドサウンド。和音階のメロを入れたり、いかにもCarcassを意識したであろう、“時代愛好癖”なるナンバーもあったりとアレンジもジョークもたっぷり。また、ノルウェイジャンブラックのニヲイ漂う曲も。最終トラックでVenomのBlack metalをカヴァーしてることから、おそらくメンバーにブラック好きがいるのだろう。(これがまたすげえかっこいい)
ちなみにこのバンド、HPも更新されておらず現在は活動停止していると思われる。“シャレっ気たっぷり音本気”のスタイルは個人的に大好きなので是非とも活動をしてほしいんだけどもねえ。
01/30|Grind Core / Hard Coreコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
Niflheim1st.jpeg

カナダ産鬱ブラの2006年発の1st。Burzumの4th直系で、メロウなフレーズやアルペジオなどの要素を取り入れた鬱ブラが多い中、メインストリームに逆らうかのごとくマイナーコードを同じリズムで掻き鳴らすミニマルなスタイル(アルペジオによるインストはあるが)を貫く。等間隔で鳴るベースラインが聞き手の不安感を煽るインストが終わると、悪夢のごとき本編がスタート。ざらざらノイジーなギターはナメクジが這う地下室のごとくジメジメとした音質で、さらにスローテンポで淡々と繰り返されるリフは狂おしいくらいに退廃的。そこにディストーション全開のワレワレボーカルがうねりを上げ、ジャケのごとし灰色の世界が広がる。また、浮遊感のあるkey、単音で鳴り響くピアノはどれもメランコリックで、終わりない悪夢を彷徨うかのよう。#4、6のメインフレーズでのシンセのメロなんて破滅的でもうドツボ。
変に色気を出さないあたりが僕的になんとも好感触。それでいて全く飽きがこないのはセンスの表れか。なにはともあれ、Burzumの4thはもちろん、同郷のSombres Foretsなんかが気に入った方は是非。
01/28|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
三日連続でラーメン食った。ラーメンなら年間200食くっても飽きないなー。

上京してきたことだし、都内の有名なラーメン屋を巡り歩いてみよう!なーんて思い立ち早数ヶ月。なんだかんだであまり巡り歩いてないのが現実。つーか巡り歩く以前に休日は部屋から出てねーや。ホゲー!有名店で食ったことあるつったら麺屋武蔵、ラーメン二郎くらいかなー。前者はあまり口に合わなかった。話題の割には・・・というのが正直な感想か。後者もどうも口に合わない。
超個人的ラーメンランキング(以下CKRR)だと、赤坂ラーメンの秋田店がダントツで一番か。ラーメン食って衝撃受けたのは初めてだよ、まじで。上京後間もなく、期待に胸膨らませて赤坂本店に行って、見事に期待を裏切られたのはいい思い出だ。なんでこんなに味が違うんだよ。なんだよ、テレビチャンピオンラーメンって。ネーミングが下品だぜ!
二位は盛岡の穴場って店の坦々麺。これもやばかった。適度な辛味とコク。坦々麺食って衝撃受けたのは初めてだよ、まじで。「あそこの坦々麺まじやばいぜ」なんつって、友達誘って食いに行ったら坦々麺がメニューからなくなってたのはいい思い出だ。
三位は微妙なとこだが、横浜の吉村屋か。横浜じゃダントツで一番うまいな、うん。道路向かいの店とか西口駅前の某ラーメン屋なんて絶対ここの店の味意識してると思う。けどクオリティが違いすぎるわ。どっちの店も脂っこい味噌汁みたいなんだもん。

とまあ、今日からメタルのほかにラーメン食べ歩き紀行でも書いてみようかしら。ミクシで書くほどでもないことは全部こっちに書けばいいんだ!Ramen ist krieg!
01/27|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
SombreChemin1st.jpeg

フランス産NSブラックの05年リリースの1st。まず再生して2分ほどで頭に豪快に“?”マークが浮かぶ。なんだ?このやたらノリノリなギターは???パンクロックのようなやたらと明るいメロ・・・これホントにブラック?と思ったが2曲目からはストレートなブラックメタルをプレイしていたので一安心。
フランス産にしては珍しく、ザラザラとしたノイジーなギターにスロー・ミドルテンポでゆったりと進むというスタイル。アトモスフェリックなキーボードなども用いており、初期Glavelandのようなペイガンっぽさが感じられた。それに加え、エコー強めの絶叫ボーカルなど適度に感じられる退廃感からはBurzumの4th、Abyssic Hateに近いとも言えるか。アルペジオや語りも交えており雰囲気は非常によい。邪悪でメロウなフランス産プリミティブブラックを期待して買ったが、いい意味で裏切られた。上記の通り、鬱+ペイガン。なんとも想像しがたい音かもしれないが、クオリティは高いのでさりげなくオヌヌヌしておこう。
尚、7曲目にはBunker 84なるバンドのカバーも収録されているのだが、これがまた異質な曲。AbsordのMourning Soul(1st#7のクリーンボイスの曲)にそっくり。気になったのでバンド名でググってみたところブラックメタルバンドではなく、oi SKINSのバンドだった。なるほど納得。よーするにNS繋がりってことですな。とまあ、モロNS思想な方々ですが、CD買って聞くだけなら有色人種の我々に危害はありません!安心して彼らの作品に身を委ねましょう。
01/24|Black Metalコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
logo.jpeg


行ってきましたよ。
えと、結論から書きますと


渋谷で豪快に迷子になり開演30分後くらいについて5曲ほど聞いて終了。



ちきしょおおおおぁぁあなんなんだよ道玄坂!道細かいっつーのバカ!うあああああまじ悔しいキィイイイイ!!!mixiのHauntedコミュからの情報によると名古屋ではダートラが先だったので、東京でもそうなんだろうと勝手に思い込んでた俺のバカ!!会場入ったら、ステージ背後にドデカイ“The Haunted”の文字。カビーン。絶句モン。事務所出るのが遅かった俺もたしかに悪いけどよおおお、なんだよあの迷路みたいな道は!くそーくそーくそーーーぁくぁwせrftgyふじこlp


とりあえず感想
そりゃもう圧巻だった。音、プレイ、パフォーマンスどれも文句なし。歯切れのいいスラッシーなリフは血湧き肉踊り、いてもたってもいられずに最前へ。最後の“Hate song”ではスーツ姿でモッシュしてきたけど文句あるか!たった20分ばかしだけど脳汁出まくりの素晴らしい一時。それ故に遅れたのが悔やまれるなあ・・・。客層は男8女2といったとこか。ロン毛はもちろんわんさかいたし、意外にパンクっぽいのもいた。メタルとハードコアの境界線が曖昧になりつつある昨今ゆえに、ハードコア寄りのファンがきてるのは予想していたが、ホーンテッドはメタル。また来日してくれるよね?そんときは絶対遅れません。

少ししか見れなかったショックが大きかったせいか、Dark Tranquillityはテンションあがらず。唯一気分が高揚したのはPunish My Heavenが始まった瞬間か。演奏も丁寧でかっこよかった。かっこよかったけど心のどこかでモヤモヤした気持ちがあり、結局最後まで棒立ちのまま見てた。Hauntedを全部見てたらおそらくノリノリのまま見れたんだろうな。メロデスはあまり食指が動かないのは先日書いたとおりだけど、Dark Tranquillityっつービッグバンド見るなんて貴重な機会だし、脳裏に焼き付けて帰る気だったのだが・・・。どでかい失敗を犯してしまった。

総評すると、“ライブは余裕をもって現地に向かえ”ってことですかね。こりゃ総評じゃない、反省だ。まあ是非ともまた来日していただきたい。希望としてはTerror2000なんかときてくれないかなー。
01/18|ライブレポコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
明日はDark Tranquillity / The Hauntedのライブざます!!お目当てはThe Haunted。大学時代、軽音楽部に存在した“デスメタル研究会”なる悪趣味極まりない集団(褒め言葉)の先輩から教えてもらったバンドで、入学して間もない頃に1stを聞かせてもらってぶっ飛んだもんだ。思い返せばこのあたりから聞く音楽のベクトル(正統派メタルからデスメタルに)が狂い始めたような・・・。当時はインターネットも繋いでなかったし情報は人からかB!誌という非常にアナログな時代でした。(しみじみ)
さて、明日のことだけど5thアルバムを聞かぬままライブに挑むという愚行を犯してしまった。けどたぶん暴れてるから曲なんてどうでもいいだろう。あと仕事後まっすぐ参戦っつーことで、スーツのまま会場に行くわけだが浮いてしまわないかがとっても心配。

話は変わってここしばらく猛烈な勢いでPerfumeを聞いている。知人がはまっているようで、僕も好奇心で聞いてみたところこれが久々のメガヒット。電子音とかテクノ系の楽曲には見向きもしなかったんだけど、これはいい。電子音がすげーのりやすくて困る。なにより適度にポップな歌メロが心の琴線に触れまくり。浜崎あゆみを筆頭にGlobe、Berryz工房、ELTといろんな女性シンガー(グループ)に心奪われてきましたけど、こいつぁ期待の新星です。今後の動向に期待ができますのう!

今んとここの曲が一番



Bメロの“スウィーッドーーーナッツ♪”のとこで部屋で一人拳を高く掲げてるのは内緒だ。


これもいい。



サビのメロが秀逸ですね。

以上、J-POP大好きtakahashit2008でした。
01/17|雑記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

sickllica

Author:sickllica
元ブラックメタラー。ここ最近はメタル全般から、ハードコアパンク、ドゥーム、スラッジなんかも好んで聴いております。このサイト自体はすっかり更新しなくなったけど、ふと思いつきで更新したり。最近聴いた音源やら動画なんかを貼り付けていこうかな、マイペースに、ね。

放送室
Now playing

Twitter
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

 
リンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。